いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の手術:切れ痔SSG法

SSG法は切れ痔のの手術法の一つです。
この手術法は同じ切れ痔の手術法である、LSIS法では効果のない方が受ける手術です。
LSIS法とは、狭くなった肛門に切れ目を入れることにより、肛門を広げて便を出やすくするという手術です。

ところが、このように切れ目を入れただけでは有効ではない場合があります。
肛門がもっと極端に狭い場合などがそれです。
このときにSSG法をとることになるのです。


手順としては、まず長年の切れ痔で潰瘍となった部分を除きます。
次に他から皮膚を移動させて、肛門を広くします。
こちらの手術の要注意点は、LSIS法と同じで、肛門を広げる際の調整に高い技術が必要だということです。
広げすぎてしまうと、肛門がゆるくなります。
逆に拡張がうまくできていないと、また、切れ痔を引き起こしてしまうことになります。

ですから、病院を探す際には、口コミなどで情報を得て、通える範囲の地域の信頼の厚い病院を探すべきです。
手術が成功したすれば、切れ痔で苦労してきた辛い日々ともお別れです。

痛みや出血を気にせずに久しぶりに太い便を出せることに、喜びを感じるかもしれません。
硬い便をいきんで無理やりに出す苦労や、痛い思いや、出血に悩まされる日々もなくなります。
痔の手術は決意するまでが大変かもしれません。
しかし、早いうちに手術を受けられることをお勧めします。
関連コンテンツ

痔の手術:切れ痔LSIS法

切れ痔の手術には一体どのようなものがあるでしょうか。 一般的に多く行われている手術としてあげられるのは、LSIS法の手術です。 切れ痔とは、便秘などによって硬く・・・

痔の症状・裂肛(切れ痔)

「裂肛」は「切れ痔」とも「裂け痔」とも呼ばれる痔です。 その症状は、硬い便が出るときに出血をともない、激しい痛みがあります。 原因は便秘や下痢です。 ・・・