いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の症状・裂肛(切れ痔)

「裂肛」は「切れ痔」とも「裂け痔」とも呼ばれる痔です。
その症状は、硬い便が出るときに出血をともない、激しい痛みがあります。
原因は便秘や下痢です。


便秘のときは便が硬くて、排出するときに力が入ります。
その勢いで肛門上皮が切れて出血するのです。
また、下痢のときは下痢の勢いが肛門を刺激して裂ける場合があります。
そのほかにも、肛門粘膜が大腸菌などの細菌により炎症を起こし、粘膜が弱くなって便の刺激で裂ける場合もあります。

便秘や下痢などを繰り返すことは肛門にダメージが溜まります。
食生活や生活習慣に気をつける必要があります。
また女性は出産時にいきむときに、肛門への圧迫が肛門が傷ついたり、出産後の便秘が原因で切れ痔になることがあるので、注意が必要です。


便秘の人が切れ痔になってしまうと、次の排便の時に、裂肛が悪化することがあります。
これは排便時の痛みが怖くて、便意に襲われてもトイレに行くのを我慢してしまい、よけいに便が硬くなるためです。
このようになると悪循環に陥っています。
そうならないためにも、便を軟らかくするように食生活に気をつけましょう。
また、生活リズムにも気をつけて、少しの便意でもトイレに行くようにしましょう。

裂肛は症状が軽いときには、軟膏を塗ることで早い効果が期待できます。
痔で病院に行くのを恥ずかしがり、悪化させるよりも、早くに行けばその分早く治療が終わります。
勇気をもって病院へ行きましょう。
関連コンテンツ

痔の手術:切れ痔LSIS法

切れ痔の手術には一体どのようなものがあるでしょうか。 一般的に多く行われている手術としてあげられるのは、LSIS法の手術です。 切れ痔とは、便秘などによって硬く・・・

痔の手術:切れ痔SSG法

SSG法は切れ痔のの手術法の一つです。 この手術法は同じ切れ痔の手術法である、LSIS法では効果のない方が受ける手術です。 LSIS法とは、狭くなった肛門に切れ目ぁΑΑ