いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の再発について

痔は再発しないのでしょうか。
これはケースバイケースだと言えます。
どのような治療をしたのかということと、その治療後にどのような生活習慣があったかによって答えが違うからです。


例えば、痔核の手術を受けた場合でも、手術の種類によっては再発の可能性が変わってきます。
痔核根治の手術をしっかりと受けた場合は、おおよそ10〜20年は再発することがないといわれています。
この場合の再発率は2%といわれます。

しかし、中には外来の時にできる簡単な処置で終わる人もいます。
注射法や、輪ゴム療法(マックギブニー法)などによる治療です。
注射法は最新式のジオン注射法があります。
このときの再発率は16%と言われています。
ジオン注射以前の注射法の場合は再発のパーセンテージはさらに上がします。


輪ゴム療法は簡単に言うならば、内痔を特殊な輪ゴムで縛る治療法です。
この治療法は内痔以外の痔には向きません。
この治療法は外来で簡単に処置できるというメリットがあります。
しかし、通常の手術よりも再発率が高いデメリットもあります。

数年後に再発したというケースもかなりみられます。
この再発の可能性を考えても、外来で簡単に処置して欲しい場合はこの輪ゴム法が向いているでしょう。
このように処置法はいろいろあります。
しかし、どちらにしてもその後の生活習慣が便秘や下痢をしやすいままだったら、痔は再発しやすいと言えます。
関連コンテンツ

痔に関する著書を読もう

痔に関する本は数多く出版されています。 その中から、痔に関する体験談や情報などを探してみてはいかがでしょう。 例えば、平田雅彦著『痔、よくわかる最新・・・

痔の体験談を読む!

痔にかかったことがある日本人は3人に1人だというデータがあります。 しかし、私たちは、身近で痔を経験した人の話を聞くことはほとんどありませぁΑΑ

痔と妊娠出産

妊娠出産を経験した7割近くの人が、痔を経験すると言われています。 これは妊娠によって血流が悪くなることが原因だと思われます。 妊婦さんは、妊・・・