いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔と妊娠出産

妊娠出産を経験した7割近くの人が、痔を経験すると言われています。
これは妊娠によって血流が悪くなることが原因だと思われます。

妊婦さんは、妊娠で大きくなった子宮が直腸や肛門周辺を圧迫して、血流が悪くなりがちなのです。
血流が悪くなると、直腸はぜん動運動が弱くなります。
そのため便秘が起きやすくなります。
それが引き金となり、肛門の炎症がおこり、結果痔に至ってしまう場合が多いのです。


便秘のときの硬い便は、直腸や肛門に大きなダメージを与えます。
ひどくいきむことで、切れ痔になってしまうこともあります。
また出産時のいきみも肛門の周辺を圧迫します。
それによって血流が悪くなり、便秘を引き起こします。
そして、いぼ痔や切れ痔を発症させることがあるのです。

出産直後は便秘になりやすい状態です。
そのため産後の入院中は、排便回数をチェックしてもらえます。
それによって便秘薬が必要なら処方してくれます。
また退院後も、便秘から痔を発症することがあります。
退院後の体調管理にも注意が必要です。


もし、妊娠中に痔を発症した場合は、薬の種類にも注意が必要です。
特に妊娠初期は、薬に関しては必ず医師の処方に従いましょう。
中でも、ステロイド剤については要注意です。

妊娠安定期に入り、市販の薬を塗る場合もステロイド剤が配合されていないものを選ぶのがいいでしょう。
妊娠中の痔の手術も可能です。
しかし、妊婦の疲労とそれによる胎児への影響を考えた場合、出産後の手術の方が賢明だと言えます。
関連コンテンツ

痔に関する著書を読もう

痔に関する本は数多く出版されています。 その中から、痔に関する体験談や情報などを探してみてはいかがでしょう。 例えば、平田雅彦著『痔、よくわかる最新・・・

痔の体験談を読む!

痔にかかったことがある日本人は3人に1人だというデータがあります。 しかし、私たちは、身近で痔を経験した人の話を聞くことはほとんどありませぁΑΑ

痔の再発について

痔は再発しないのでしょうか。 これはケースバイケースだと言えます。 どのような治療をしたのかということと、その治療後にどのような生活習慣・・・