いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔ろうの手術

痔ろうの手術には、一体どのようなものがあるでしょうか。
一般的に多く行われている手術としてあげられるのは、切開開放術式です。

痔ろうは放っておいて自然に治るということはありません。
逆に、放っておくと慢性化して、最悪の場合は肛門ガンになってしまう危険性があります。結局は手術することになるのです。

最近では症状がひどくなければ、日帰りで手術できるところもあります。
手術のために入院はできない方は、症状が悪化しないうちに、日帰り手術をしている病院を探してみるといいでしょう。


痔ろうの手術は、痔ろうの管を摘出する切開開放術式が多く行われます。
この方法は痔ろうの管を摘出するので、再発が少ない治療になります。
痔ろうの管を切除したあとは、自然に治るようにフォローします。

症状がひどければ、入院になる場合もあります。
その場合、入院期間は長くてもおおよそ2週間くらいです。
完全に治るまでには1ヶ月くらいかかると思われます。
しかし、手術後でも日常生活に大きな支障はなく、軽い人なら退院して次の日から家事などもできます。


他にも痔ろうの手術としては、肛門括約筋温存手術があります。
これは、肛門括約筋を残したまま痔ろうを取り除く方法です。
これは患部が深いときなどによく行われる手術です。
痔ろうの管の穴をどちらも切除する手術です。
こちらも最長2週間程の入院となります。
関連コンテンツ

痔の手術:痔核について

痔核の手術には色々な方法があります。 その中でも、今まで一般的に行われてきたのは結紮切除法です。 しかし、最近ではPPH法が多く用いられるようになっぁΑΑ

痔の新しい治療法:ジオン注

内痔核の治療に注目されている治療方法があります。 ALTA療法(ジオン注)という治療法です。 中国ではこの治療法が早くから行われていたそうです。 日・・・

痔の治療の流れ

痔の治療はどのような手順になるのでしょう。 ここではその流れをみることにします。 まず第一は、自分が痔ではないかという症状を感じたら、すぐぁΑΑ