いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の新しい治療法:ジオン注

内痔核の治療に注目されている治療方法があります。
ALTA療法(ジオン注)という治療法です。
中国ではこの治療法が早くから行われていたそうです。
日本でALTA療法が行われるようになったのは、2005年にジオン注という薬剤(内痔核硬化療法剤)が発売されてからです。


この治療法は肛門の痛みを感じない部分に注射をします。
患者さんにとってはうれしい治療法といえます。
治療は数回に分けて行う注射です。

まずはじめに、痔核の上部に注射します。
そして、痔核に流れる血液の流れを止めます。
これによって痔核の血管がつぶれた状態になるのです。

次に痔核本体に注射します。
そして、痔核の中央の粘膜に注射、痔核下部に注射となります。
最終的に血液の流出に、ふたをする形となります。

この治療によって、痔核に流れる血液が抑えられます。
その結果、痔核そのものが小さくなるというわけです。
完治するまでには約一ヶ月程度の時間がかかります。


治療の際の麻酔に関してはどうでしょう。
麻酔は腰椎麻酔で下半身の麻酔か、または仙骨硬膜外麻酔でお尻の周りのみ麻酔、若しくは局所麻酔をかけることになります。
症状と経過、麻酔の程度などによって、日帰り手術になるか入院手術になるか決まります。
しかし、入院でも2〜5日で済むはずです。

このジオン注を完璧に行うには、医師の技術力が必要となります。
注入する薬剤の量の調整が難しいのです。
もし多く投与し過ぎた場合、直腸の潰瘍や壊死が起きるという報告があります。
安心して治療を受けるためには、医師選びも重要なのです。
関連コンテンツ

痔ろうの手術

痔ろうの手術には、一体どのようなものがあるでしょうか。 一般的に多く行われている手術としてあげられるのは、切開開放術式です。 痔ろうは放っておいぁΑΑ

痔の手術:痔核について

痔核の手術には色々な方法があります。 その中でも、今まで一般的に行われてきたのは結紮切除法です。 しかし、最近ではPPH法が多く用いられるようになっぁΑΑ

痔の治療の流れ

痔の治療はどのような手順になるのでしょう。 ここではその流れをみることにします。 まず第一は、自分が痔ではないかという症状を感じたら、すぐぁΑΑ