いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の治療の流れ

痔の治療はどのような手順になるのでしょう。
ここではその流れをみることにします。


まず第一は、自分が痔ではないかという症状を感じたら、すぐに病院にいくことです。
早期ならお薬だけで治せる場合もあります。
そのためにも、なるべく早く病院に行くようにしましょう。
痔を放っておいて、悪化させると手術にまで発展してしまいます。
恥ずかしいかもしれませんが、早くに病院に行って診察を受けることが大事です。


次に病院での診察内容です。
まず、受付で症状や、今までにも痔になったことがあるかなどを簡単な問診があります。
そのあと診察になります。
診察の際に一番配なのは、どのような姿勢で診察を受けるのかということでしょう。


姿勢は、横向きに寝て、下着を少しずらした状態で受診することになります。
また、診察中もお尻の上部が丸出しになるようなことはありません。
診察中にかけられる布や、上から羽織る患者用の着物のようなものには、患部を見るための穴が開いているからです。
そこから局所的に患部を診ますので、恥ずかしさは軽減されるはずです。


また、多くの病院では、次に待っている患者さんに声が聞こえないようにも配慮されています。
触診では肛門に指を入れられたりします。
しかし、これだけは仕方ないことです。
少しの時間ですので、我慢するしかありません。
その触診によって、どのような痔であるか、またどのような治療が必要となるか先生が診断してくれます。
その診断結果にそって治療を受けるようにしましょう。
関連コンテンツ

痔ろうの手術

痔ろうの手術には、一体どのようなものがあるでしょうか。 一般的に多く行われている手術としてあげられるのは、切開開放術式です。 痔ろうは放っておいぁΑΑ

痔の手術:痔核について

痔核の手術には色々な方法があります。 その中でも、今まで一般的に行われてきたのは結紮切除法です。 しかし、最近ではPPH法が多く用いられるようになっぁΑΑ

痔の新しい治療法:ジオン注

内痔核の治療に注目されている治療方法があります。 ALTA療法(ジオン注)という治療法です。 中国ではこの治療法が早くから行われていたそうです。 日・・・