いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の症状・痔ろう

「痔ろう」とは一般的にあな痔とも呼ばれます。
具体的にどのような症状がみられるのでしょうか。

肛門の周囲は大腸菌などの細菌によって、炎症が起きることがあります。
これはストレスや体調不良で、肛門の免疫力が落ちているときに、便秘でかなりいきんだり、逆に下痢などの勢いのある便が原因です。
この炎症が悪化していくと肛門の後ろあたりがズキズキと痛むようになります。
中には発熱を伴うこともあります。

この段階で切開して治療をすれば、痔ろうにはなりません
しかし、さらに悪化していくと、皮膚部分から膿が出てきます。
このときはかなりの激痛があります。
このときに膿が出てきたものを「おでき」だと考えてさらに放置しないようにして下さい。
放置すると恐ろしいことになるからです。


この膿の出たトンネルは「ろう管」と呼ばれます。
放置するとこのろう管が枝分かれしたり、さらには肛門ガンになってしまう場合があるのです。

痔ろうは自然に治癒することはありません。
必ず手術が必要です。
「お尻に痛いおできがあり、膿が出ている」と思っている人はまずは痔を疑いましょう。
そして病院で治療を受けることをお勧めします。

痔ろうの治療は、膿が出てしまう、膿を取り除くというだけでは不十分です。
ろう管を取り除き、肛門腺と肛門腺窩を取り除かないと再発します。
要注意が必要です。
関連コンテンツ

外痔核と内痔核

「痔核」とは、一般的に言うイボ痔です。 このイボと呼ばれるものは、動静脈にできた動静脈瘤で、形がイボに似ているのでイボ痔と呼ばれます。 痔を患ぁΑΑ