いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の塗り薬を使ってみよう

痔の塗り薬はクリーム状、軟膏状です。
使い方がわかりやすく、また、なじみもあるタイプの薬です。
そのため、最も手軽に使える痔の薬といえるでしょう。

塗り薬は痔核や裂肛などに効果があります。
これは、薬の届きやすい肛門の出口近くにできる痔だからです。


痔の塗り薬には「痛み止め」「止血作用」「消炎作用」「便が排泄されやすい潤滑油的役割」などの効能があります。
薬の使い方としては、ガーゼなどに薬をつけて肛門に直接塗る方法が主となります。
また、肛門出口に塗る薬には、容器に入った軟膏を先の細い挿入管で、肛門に注入する「注入剤」と同じ薬を使うことがあります。
塗り薬は、痔のタイプと痔の出ている場所によって、種類を使い分けることになります。

薬の成分は、「非ステロイド系」か「ステロイド系」があります。
長期間にわたって使用する場合は、医師に相談して使用したほうが良いでしょう。
市販されている痔の塗り薬には、次の製品があります。


大正製薬の「プリザクールジェル」は、ジェルタイプの塗り薬です。
特に痔のむずむずするかゆみや、はれに効きます。
べたつきにくいタイプの塗り薬です。
そのひんやりしたクールな使用感が人気です。
痔核、裂肛の症状に効果的です。

武田薬品工業の「ボラギノールM軟膏」はなめらかな薬です。
また、すべりの良い油脂性基剤の軟膏です。
痔核や裂肛に効きます。
痛みやかゆみを緩和する効能があります。
関連コンテンツ

痔の内服薬

痔の内服薬は、痛いときに飲めば直ぐ収まるという、即効性がある薬ではありません。 痔の原因で悪化をまねく便秘を防ぎ、便を柔らかくして、排便をしやすくすぁΑΑ

痔の薬について

痔の薬には4種類あります。 「塗り薬」「注入軟膏」「座薬」「内服薬」がそれです。 これらの薬は個々の効果を考え、症状にあわせて使うことが大切です。 「邸ΑΑ