いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の男女比は?

痔の発症率は、性別によって大きく違うのでしょうか?
男性と女性を比べると、男性は自分が痔であることを、周りの人に話している場合が結構多いのです。
そのため、身近に痔の方がいますかと聞かれると、知り合いの男性の顔が浮かぶ方が多いはずです。
このようなことから、一般的に痔は男性が多いというイメージが強いです。

しかし、実は女性の方が痔で悩んでいる人が多いというデータがあります。
自分が痔であると、周りの人に打ち明けることができる女性は、非常に少ないです。
ですから、実態はなかなか判り難い状況にあります。


事実、一般的にみても痔を患う人は、男性よりも女性の方が多いです。
その第一の理由として上げられるのが、妊娠出産です。

そもそも、妊娠中は胎児のいる子宮の重みが、肛門や腰の辺りを圧迫します。
そのため、血流が滞り気味になるのです。。
それで肛門付近がうっ血したりするのです。
そこに出産の「りきみ」が加わると、肛門には大変な圧力がかることになります。

くわえて、出産後は便秘になりやすい状況となります。
これは、出産自体はもちろん、出産直後の処置によってできる会陰部の傷があるからです。
その傷が便をするときに力を入れすぎると、裂けてしまような気がしてしまうのです。
そして、便を出すのを躊躇してしまうのです。
その結果、便秘つながるのです。
そして、硬い便を出すためにいきんで、本当に肛門が裂けてしまい、痔になるというケースも多いのです。

さらに状況を悪化させる要因もあります。
できてしまった痔を自覚していても、なかなか病院で診察を受けない人が多いということです。
男性でも肛門科で診察を受けるのは躊躇してしまいがちです。
このことから考えても、女性が肛門科を受診するのを躊躇するのは当然でしょう。

結果、肛門科で診察を受けるまでに時間がかかり、痔を悪化させる人が多いのです。
女性の方も恥ずかしさを乗り越えて、なるべく早期に病院へ行かれることをお勧めします。
関連コンテンツ

痔と間違えやすい病気に注意

痔と間違えやすい病気もあります。 大腸ガン、肛門管ガン、潰瘍性大腸炎、直腸脱、尖圭コンジローム、幼児痔ろうなどです。 ではなぜ間違えやすいのでしょう。 それは宗ΑΑ

痔の原因は?

痔の原因はその種類によって異なり様々です。 「いぼ痔」は便秘のときなどの「いきみ過ぎ」が原因の一つです。 いきみ過ぎが、肛門に強い力を加えるこぁΑΑ

痔の発症率

自分の身近で痔になったことがある人を知っているという人は、結構多いものです。 では、痔はどれくらいの割合で発症しているでしょうか? あるデータによるぁΑΑ

痔とは

「痔」は、虫歯の次に患者が多く、国民病とも言われる疾患です。 日本人の痔の総患者数は、国民の実に3人に1人と言われています。 肛門はおよそ3センチの器官です・・・