いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔の発症率

自分の身近で痔になったことがある人を知っているという人は、結構多いものです。
では、痔はどれくらいの割合で発症しているでしょうか?
あるデータによると、日本人の3人に1人が、痔の自覚症状があると言われています。
加えて、検診を受けた結果としては、約7割の人に痔が見られたとも言われています。


日本人が一番多くかかっており、国民病と言われているのは虫歯です。
そして、その次に多いのが痔なのです。
虫歯は大体の人が、かかっていると自覚しています。
しかし、痔は自覚のない人も結構います。
そのため、2番目に多い病気が痔であると聞くと意外に感じる方も多いはずです。

また、虫歯なら誰にでも話せます。
しかし、痔となると、やはり人に知られたくない方が多いでしょう。
そのため、人知れず治療している方も多いはずです。


痔は人間が二足歩行になったため、患うことになった病気と言われています。
人間が背負った運命とも言われています。
それくらい多くの人がかかっている疾患なのです。

予防するためには生活習慣や食生活に気をつけることが大切です。
そうしないと、最低でも一生に一度は、痔を経験することになる可能性が高くなります。
一度なると再発する可能性が非常に高い病気が「痔」ですから、注意が必要となるのです。


痔の発症率は、特に日本人が高いという訳ではありません。
海外での発症率と国内の発症率を比べてみてもそれがわかります。
ドイツで70%、アメリカでは80%で、日本では70%の人に痔があるという報告があります。
全体的に数字だけを見ると、非常に高い発症率です。
しかし、この中には自覚症状が全くなかった人も含まれています。
これは痔という病気が自覚症状もなく、多くの人に起きていることを示しているといえます。
関連コンテンツ

痔と間違えやすい病気に注意

痔と間違えやすい病気もあります。 大腸ガン、肛門管ガン、潰瘍性大腸炎、直腸脱、尖圭コンジローム、幼児痔ろうなどです。 ではなぜ間違えやすいのでしょう。 それは宗ΑΑ

痔の男女比は?

痔の発症率は、性別によって大きく違うのでしょうか? 男性と女性を比べると、男性は自分が痔であることを、周りの人に話している場合が結構多いのです。 そぁΑΑ

痔の原因は?

痔の原因はその種類によって異なり様々です。 「いぼ痔」は便秘のときなどの「いきみ過ぎ」が原因の一つです。 いきみ過ぎが、肛門に強い力を加えるこぁΑΑ

痔とは

「痔」は、虫歯の次に患者が多く、国民病とも言われる疾患です。 日本人の痔の総患者数は、国民の実に3人に1人と言われています。 肛門はおよそ3センチの器官です・・・