いぼ痔も切れ痔もスグ治療!痔の悩みのTOPに戻る

痔とは

「痔」は、虫歯の次に患者が多く、国民病とも言われる疾患です。
日本人の痔の総患者数は、国民の実に3人に1人と言われています。

肛門はおよそ3センチの器官です。
痔の種類は、その症状が出た部位によって、大きく三つに分けることができます。
それは「痔核」「裂肛」「痔ろう」の三つです。


肛門は四つの部位によって成り立つ器官です。
各部位は体の内側から順番に次のようになります。
 ・直腸の終点あたりの粘膜
 ・肛門粘膜(皮膚と直腸のつなぎ合わせ部分の歯状線まで部分)
 ・肛門上皮(歯状線から外に向かっての部分)
 ・皮膚(お尻)

痔は人類が二足歩行になったため、患うことになった疾患だとも言われています。
上記の四つの部位から成り立つ肛門に起こった「炎症」や「出血」の症状を「痔」と言うのです。
実に大勢の人が、何かしらの症状を自覚しているようです。


本来は人類も他の動物と同様に四足歩行でした。
それが二足歩行になったことで、腰や肛門部には体の重みがかかるようになったのです。
そうすると、肛門付近の血管に負担がかかります。
それによって血流が滞りがちになり、老廃物の排出がスムーズにいかなくなります。
結果、炎症などの症状を引き起こして「痔」になるのです。

痔は二足歩行の人類特有の疾患である。
これは人間以外の他の動物には、痔が認められないという事実が証明しています。
関連コンテンツ

痔と間違えやすい病気に注意

痔と間違えやすい病気もあります。 大腸ガン、肛門管ガン、潰瘍性大腸炎、直腸脱、尖圭コンジローム、幼児痔ろうなどです。 ではなぜ間違えやすいのでしょう。 それは宗ΑΑ

痔の男女比は?

痔の発症率は、性別によって大きく違うのでしょうか? 男性と女性を比べると、男性は自分が痔であることを、周りの人に話している場合が結構多いのです。 そぁΑΑ

痔の原因は?

痔の原因はその種類によって異なり様々です。 「いぼ痔」は便秘のときなどの「いきみ過ぎ」が原因の一つです。 いきみ過ぎが、肛門に強い力を加えるこぁΑΑ

痔の発症率

自分の身近で痔になったことがある人を知っているという人は、結構多いものです。 では、痔はどれくらいの割合で発症しているでしょうか? あるデータによるぁΑΑ